読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康ガイドブログ ちょっと寄り道

現役治療師による、ちょっと片手間に健康について学べるブログ。

手軽に身体の状態を知る 「望診」とは

皆さんこんにちは。お久しぶりです。

 

今回は東洋医学的診察法である四診(望診、聞診、問診、切診)のうち、顔望診について解説していこうと思います。

 

望診は視覚を使って患者さんの全身の状況や顔色、舌や大小便などを観察することで、内臓の病変を推測して身体や病の判断をする診察法です。

 

その望診の一部に顔望診があります。(顔望診という用語は本来無く、望色をわかりやすく顔望診と呼んでいます)

f:id:e-kenkou:20161004101232j:plain

顔望診とは

本来は望診に含まれる要素で、顔の状態を診て診察する方法です。顔望診は望色(ぼうしょく)に分類され、顔色や皮膚などの色とつや、潤いを観察します。

 

五臓に対応する色である、青・赤・黄・白・黒の五色の変化をみることで疾病の性質を判断します。

 

健康な人の顔色はやや黄色で赤色を帯びて潤いと艶があるのがふつうです。

 

 

 

顔を見ると何がわかるのか

舌は内臓を映す鏡ともいわれますが、顔も身体の状態を良く表しています。朝起きて鏡を見たら顔がむくんでいた、吹き出物がある、乾燥している、色が悪いなどは日常でも良くみられます。

 

東洋医学では顔に不調があると五臓にも不調があると考えます。対応する色、顔のパーツは以下の通りです。

対応する顔のパーツ

目・・・肝(新陳代謝や精神情志活動、血液の貯蔵など)の不調が現れやすい

舌・・・心(血液循環や精神神経機能など)の不調が現れやすい

口・・・脾(消化機能、栄養を送る、出血抑制など)の不調が現れやすい

鼻・・・肺(呼吸機能、水分代謝など)の不調が現れやすい

髪・・・腎(泌尿生殖機能、骨・耳・毛髪の働きの維持など)の不調が現れやすい

 

対応する色

青色

肝が対応、冷えや血行不良、ストレスなどが関係しています。

赤色

心が対応、顔全体が赤い時は熱証にみられます。部分的に赤い時は熱の放出がうまくいっていません。

黄色

脾が対応、くすんだ黄色の時は胃腸などが弱っています。明るい黄色は湿熱が考えられます。(湿熱=水分代謝が悪く、熱が溜まった状態)

白色

肺が対応、冷えや身体が弱っているときに出やすいです。

黒色

腎が対応、血液や水分の循環障害があると現れやすいです。

 

 

 

自分の弱っている臓腑がわかったら

上に述べたことを参考にすると、自分のどの臓腑に負担がかかっているのか客観的に判断できます。

 

肝に負担があればストレスなどが多いのでリラックスすることを心がけ、心に負担があれば、熱を発散させたり血液循環を良くしましょう。

 

脾に負担があれば胃腸を休め、肺に負担があれば身体を温めたり深呼吸をしましょう。腎に負担があれば軽い運動などで血液や水分の代謝を良くしましょう。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

ここで述べた望診はあくまでも基本的なものです。

 

現在は望診について簡単に解説した書籍も本屋で見かけたりします。もし今回の記事で興味を持ったら本やネットでもある程度の情報は手に入れられます。

 

主観的に何となく大丈夫とかこんな症状だろうと判断するより、望診のように客観的な判断ができれば、より自分の身体の状態を知ることができます。

 

もし状態がわからないときやなかなか症状が改善しないときは、専門の治療院などで診断や治療をしてもらうことをおススメします。