読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康ガイドブログ ちょっと寄り道

現役治療師による、ちょっと片手間に健康について学べるブログ。

増え続ける便秘人口 その原因と改善方法とは (改善編)

皆さんこんにちは。

前回は便秘の原因について書きましたが、今回は便秘の種類や改善方法について解説していきます。

 

       f:id:e-kenkou:20161212101722p:plainf:id:e-kenkou:20161212101740p:plain

 

便秘の種類

便秘はガンやポリープなどで起こるものもありますが、一般的に「便秘」といわれているのは腸の機能が低下することによる「慢性便秘」を指します。

 

慢性便秘(常習性便秘)の種類

直腸性便秘

直腸まで便が下りてきているにもかかわらず、便意が起こらない便秘です。

弛緩性便秘

大腸の運動機能が低下して起こる便秘。お腹が張るが便が出ないタイプ。

痙攣性便秘

ストレスなどによって起こる便秘。下痢と便秘を繰り返すタイプ。

 

大きく分けるとこのようになりますが、実際は混合型の方が多いようです。

 

 

 

便秘の改善方法

ここに乗せるのはあくまでも一般的なものです。酷い便秘で下剤が手放せないような方は専門機関で診てもらうなどが必要です。

改善方法

・食事をしっかり摂る(欠食はなるべくせずに3食しっかり食べる)

夜更かしや徹夜をしない

寝る3時間ほど前までには食事を終える

水分をしっかり摂る

・運動をする(特にウォーキングや腹筋など)

ストレスを溜めない

身体を温める

下剤は急性の便秘の時だけにする

食物繊維をとる(目標は成人男性で20g以上/1日、女性は18g以上/1日)

現在の日本人の平均摂取量は約14~15gといわれていますが、10~40代は平均13g程度、50代で15~16程度、60代以上で17~18gと年代によって大きく異なります。

オリーブオイルをとる(1日大匙1~2杯)

発酵食品をとる

 

他にも便秘を解消する方法はあるようですが、まずは上記の方法を試してみましょう。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

たまに慢性便秘で下剤を多用している方もいますが、薬はあくまでも一時しのぎです。根本的な解決にはなりませんので気をつけましょう。

 

便秘の改善には、当たり前のことですが生活習慣や食生活の見直しが必要不可欠です。そこを直さない限り便秘は治りません。

 

また、改善には少し時間がかかることが多いです。少なくとも1カ月以上は続けてみましょう。

 

上記の改善方法を試してもダメな場合は、漢方などで治療をするか専門機関で相談してみましょう。