読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康ガイドブログ ちょっと寄り道

現役治療師による、ちょっと片手間に健康について学べるブログ。

手軽に高血圧予防! カリウムとは

皆さんはカリウムというミネラルを聞いたことがありますか。

 

普段の生活では不足することはまずなく、不足しても脱力感や食欲不振などの症状しか出ないのであまり重視されません。

 

しかし、高血圧の方はナトリウム(塩分)を制限するだけでなく、カリウムを摂取することで効率よく塩分のコントロールができるようになります。

 

今回はそんなカリウムについて解説していきます。

f:id:e-kenkou:20161219140855j:plain

カリウムとは

野菜や果物などに多く含まれるミネラルの一種です。

 

主な働きは血圧の調整機能です。その他にもナトリウムとカリウムの働きで細胞を正常に機能させたり、神経伝達や筋肉をスムーズに動かしたり、細胞が栄養素を取り込むのを助けたりしています。

 

特に注目すべきなのは身体の中の余分なナトリウムを排出して、血圧を下げる効果があることです。

 

ナトリウムとカリウムはシーソーのような関係で、例えたくさん塩分を摂ってもカリウムを十分に摂っていれば塩分過多にはなりません。

 

 

 

カリウムの摂取量

2015年の国民健康栄養調査によると塩分摂取量は10g(ナトリウムだと約3.9g)ですが、カリウムは約2.2gしか摂取できていません。

 

ナトリウムとカリウムの比率が1に近づくほど血圧は下がるといわれているので、カリウムは1日当たり2gほど増やさないといけない計算になります。

 

 

 

カリウムを効率よく摂るには

カリウムは野菜(特にほうれん草、豆類など)や果物(バナナ、メロンなど)、海藻類や穀物類、魚介類などにも豊富に含まれます。

 

しかし、カリウムは茹でたりするとすぐに流出してしまうので、生食をするか煮て調理する場合は煮汁も一緒に摂るようにしましょう。

 

レンジや蒸し料理では比較的栄養素が残りやすいといわれているので、それらも活用するといいかもしれません。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

一般的にカリウムは摂りすぎても外に排出されるので問題はありませんが、腎機能に障害がある場合は例外ですので気をつけてください。

 

また、高血圧予防には塩分を控える、カリウムを摂取する以外にストレスを減らす、運動をするなどバランスの良い生活習慣が必要です。

 

普段から意識的に野菜や果物、魚介類や海藻類をしっかりと食べ、生活習慣を見直せば健康な生活を送れると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

意外と高額⁉ 生涯医療費とは

皆さんこんにちは。

現在日本では国民医療費が年々増加していて、すでに40兆円を超えています。

 

そんな中で私たち国民が一生涯でいくら医療費を払っているのかご存知でしょうか。

 

今回はそんな生涯医療費について解説するとともに、その問題点も書いていこうと思います。

f:id:e-kenkou:20170105155450j:plain

生涯医療費とは

平均的な日本人が一生涯でどのくらいの医療費を支払うのかを表したもので、厚生労働省が調査をして公表しています。

 

2013年のデータでは80歳までに必要な医療費は平均1802万円といわれており、その自己負担額は約482万円といわれています。

 

つまり、約80歳まで生きると少なくとも500万円近くは平均で払っていることになります。(ちなみに100歳まで生きると自己負担額は550万円といわれています)

 

この額でも非常に大きなものですが、実際は一般的な方で3割負担、75歳以上は1割負担(例外あり)の自己負担なので、残りの7~9割は周りが負担して支えていることになります。

 

生涯医療費のグラフは以下の通りです。(平成25年度、医療保険に関する基礎資料より、厚生労働省

 

f:id:e-kenkou:20170105160623j:plain

上のグラフからわかるように、100歳以上まで生きると一生涯で2600万円以上の医療費がかかります。

 

また、医療費は40代後半ごろから増え始め、70歳未満で全医療費の約50%を使って70歳以上で残りの50%を使っている状態です。

 

日本人の健康寿命がだいたい70歳を少し超えるくらいなので、この数字は当然と言えるでしょう。

 

 

 

医療費増大の問題点

当然ですが自己負担以外の医療費は、国民が毎月支払う保険料と企業などから徴収される部分で賄われています。

 

国民医療費の対GDP比は年々増加していて、1985年では4.8%だったのが2013年では8.29%に増加しています。

 

これから少子高齢化がさらに進むので、この数字は今後大きく増えていくはずです。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

年齢を重ねるにつれて病気やケガで病院にかかるのは仕方のないところもあります。

 

しかし、年だからといって何もしなければ問題は解決しません。重要なのは日頃から食事、運動、睡眠などの生活習慣をしっかりすることです。

 

多くの方は70歳あたりから寝たきりや、そこまでいかなくても健康に大きな問題を抱えるようになります。

 

70代で元気に生活するには50,60代での努力が必要不可欠です。まずはできることから改善し、セルフメディケーションを心がけて生活するようにしましょう。

 

 

新年の挨拶

皆さん明けましておめでとうございます。

本日からブログの更新を再開していきます。

 

年明けは少々忙しいので2,3日に一回の更新になりそうですが、より有意義な記事を提供できるよう精進してまいります。

 

今年も健康ガイドブログをよろしくお願いいたします。

 

年末年始の更新について

健康ガイドブログは治療院のパソコンで記事を書いているので、年末年始はしばらくお休みになります。

 

12月29日~1月4日まで記事の更新はできなくなると思います。

1月5日からまた更新を再開して行く予定ですので、宜しくお願い致します。

 

それでは皆さん良いお年をお迎えください。

漢方と薬膳 黒豆の効能とは

皆さんこんにちは。今年ももうあとわずかですね。

 

今回はおせち料理などでお馴染みの黒豆について書いていきますが、普段は食卓に並ぶことは少ないのではないでしょうか。

 

黒豆の種類や栄養素、薬膳的効能などを詳しく解説していきます。

f:id:e-kenkou:20161228111404j:plain

黒豆とは

大豆の品種のひとつで外見が黒いことから黒大豆、ぶどう豆とも呼ばれています。日本では縄文時代にすでに食用にされていたという文献もあります。

 

中生種では10月から11月上旬、晩生種では11月から12月上旬あたりで収穫されるようですが、現在は通年で手に入ります。

 

栄養成分は通常の大豆とあまり変わらないようで、黒い色素の成分であるアントシアニンを含みます。

 

 

 

黒豆の種類

品種としては北海道で採れるいわいくろ、中生光黒、晩生光黒、トカチクロなどのほかに、玉大黒、信濃黒、紫ずきん、そして有名な丹波黒、光黒などがあります。

 

黒豆は中国が原産といわれていますが、日本で黒豆を最初につくったのは丹波国(現在の兵庫県)だそうです。

 

 

 

黒豆の効能

黒豆はアントシアニンという抗酸化物質を含みます(種皮部分のみ)。カリウムやリンなどのミネラル分が多く、ビタミンB群や鉄、タンパク質やイソフラボンサポニンレシチンなど栄養素がバランスよく含まれています。

 

西洋医学的効能

動脈硬化の防止作用や女性ホルモン様作用、腸の痙攣を緩和する作用、視力向上などが確認されています。

東洋医学的効能

活血解毒・・・血行を良くして各種の皮膚感染症に効果があります。

袪風利水・・・免疫力を高め、めまいや急性のむくみを解消します。

 

その他にも「黒」という色は腎の色とされており、腎は成長、発育、生殖などを主っているとされています。また、腎と関係が深い髪や骨、腰、耳なども、腎が衰えることで影響が出るといわれています。

 

 

 

まとめ

 いかがだったでしょうか。

黒豆にも様々な栄養素や働きがあることがわかったと思います。

 

食材の色々な効果・効能を知ると食べることが楽しくなります。自分に合った食材や食事をすることで、より健康になれるように心がけて生活をしましょう。

 

 

 

手軽に風邪予防! 板藍根(ばんらんこん)とは

皆さんこんにちは。

今回は主に中国で風邪やインフルエンザなどの常備薬として使用される、板藍根(ばんらんこん)という生薬について解説していきます。

 

日本ではあまり馴染みのない物ですが、中国では時に売り切れることもあるというほどポピュラーな商品になります。

 

では、板藍根とはどんなものなのでしょうか。

f:id:e-kenkou:20161226093225j:plain

板藍根とは

板藍根はアブラナ科の植物で、ホソバタイセイの根を使用しています。(中国ではリュウキュウアイの根も使用)

 

中国では古くから風邪やインフルエンザなどの常備薬として使用されていたようです。使用方法は飲み薬として使ったり、うがいに使われたりしています。(中国では民間薬のような扱いで、日本では健康補助食品として出回っています)

 

 

 

 板藍根の効果・効能

板藍根の効果はいくつかあるとされています。

 

西洋医学的効果・・・解熱・鎮静、抗炎症作用など

風邪、耳下腺炎、のどの痛み、インフルエンザ、口内炎、気管支炎、肺炎、ウイルス性肝炎、ニキビ、湿疹、アトピー性皮膚炎などに一定の効果があるといわれています。(ただし、現段階では医薬品ではないので効果を標榜するものではありません)

東洋医学的効果・・・清熱解毒、涼血解毒

性味は苦、寒で帰経は心、胃、肺といわれています。主に熱があるときの風邪やインフルエンザ、炎症性の疾患、のどの痛みなどに使用されています。冷やす性質があるので、一般的に冷えや寒気があるときには使用しません。

板藍根を使った代表的な処方には板藍大青湯、普斉消毒飲などがあります。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

漢方で風邪に使う葛根湯や麻黄湯などは、基本的に寒気があるときにしか使用しません。寒気よりも熱が強いときは銀翹散や天津感冒片などを使用したりします。

 

つまり、葛根湯などは使用するタイミングが限られるので使いづらいという弱点がありますが、板藍根があれば少し時間の経った風邪などにも使用できて便利です。

 

いざという時に手軽に使える常備薬として、板藍根を置いておくのも一つの選択肢といえるでしょう。

 

ゼロからわかる東洋医学 「腹診」とは

皆さんこんにちは。

東洋医学的な検査(四診)のひとつに切診(せっしん=直接触って情報を得る診察法や触診のこと)がありますが、その切診のカテゴリー内に腹診があります。

 

今回はその腹診について解説していこうと思います。

       f:id:e-kenkou:20161224100302j:plain

 

腹診(ふくしん)とは

肋骨の下から鼠径部までの範囲でお腹を押したり、寒熱を調べたりすることでその人の身体の状態を調べる検査法です。

 

中医学(特に中国や韓国など)ではあまり使われることはなく、日本で発達した技術になります。

 

主に正気(免疫力、抵抗力など)の充実度や関連する臓腑の判別、臓腑の状態、気血津液の状態などを調べます。

 

 

 

腹診で何がわかるのか

お腹には臓器が集中しているので反射などが出やすく、どこに硬さや柔らかさがあるのかなどをみれば大まかな状態がわかります。

 

一例を下にのせておきます。

みぞおち(心窩)の硬さ、緊張

気が滞っていたり、痰湿(余分な水分)があったり、胃に不調があるときに反応が出やすいです。

肋骨の下のあたりが張る、圧痛がある

肝気鬱血、肝鬱気滞に多いです。つまり、ストレスなどで自律神経が乱れていたりするときによくみられます。

心窩部~臍の上部あたりを押すとぽちゃぽちゃと音がする

胃腸機能が低下しているときが多いです。また、気虚により余分な水分が溜まっていると考えます。

腹直筋が棒のように硬くなっている

気滞という、気が滞っている状態と考えます。

臍のあたりを押すとドクドクと脈打っている

肝の気が旺盛で、気の上衡に多いとされます。(上衡=じょうしょう、気逆ともいわれ、気が下から上に突き上げている状態。冷えのぼせや頭痛、ゲップ、しゃっくり、めまいなどがでやすい)

下っ腹を押すとフワフワして抵抗がない

腎虚(腎陽虚)で起こりやすいです。症状は冷えや夜間頻尿、精力減退などがあります。

臍の左下のしこり、硬さ

静脈の鬱血が考えられ、瘀血(血行の循環不良)があります。便秘、子宮筋腫などに多く、下半身の冷えや下腹部の痛みなども現れたりします。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

お腹をみるだけでも意外と多くのことがわかります。

 

もし余裕があるなら自分でも仰向けに寝た状態で押してみましょう。自覚的にはなかったものの反応が出るということは良くあります。

 

こういったことを行うことで自身の体調や状態を手軽に確認でき、セルフメディケーションにも役立つと思います。